1.キャリアアップ助成金(正社員化コース)

『優秀な契約社員やパートを、正社員や無期雇用にしたい!』有期契約労働者等を正規雇用・多様な正社員等に転換した場合や、派遣労働者を直接雇用した場合に支給される助成金です。
人材確保が難しくなってきているなか、契約社員やパートの正社員化を進めている企業様が増えています。この機会に非正規労働者の正社員化・無期雇用化を検討されてはいかがでしょうか。

対象となる労働者の主な要件

  • 有期契約労働者(有期契約労働者として通算して6か月以上雇用されている者)
  • 無期契約労働者(無期契約労働者として通算して6か月以上雇用されている者)
  • 派遣労働者(申請事業主の派遣期間が6か月以上の派遣場所で就業している者)
  • 有期実習型訓練修了者(有期実習型訓練を受講し、修了した等)
  • 正規雇用労働者または多様な正社員として雇用することを約して雇い入れられた者でないこと

主な支給要件

  • 雇用保険適用事業所の事業主であること
  • キャリアアップ管理者を配置し、キャリアアップ計画を作成して労働局長の認定を受けること
  • 有期契約労働者等を正規雇用労働者または無期雇用労働者に転換する制度を労働協約または就業規則に定めること
  • 無期雇用に転換または直接雇用した場合は、適用者の基本給が、制度の適用となる前と比べて5%以上昇給していること
  • 転換された労働者を転換後6か月以上継続して雇用し、転換後の処遇で賃金を6か月分支給したこと
  • 支給申請日において、このコースを継続して運用していること

支給額

雇用形態 支給額
(1人当たり)
①有期→正規 57万円<72万円>
(42万7,500円<54万円>)
②有期→無期 28万5,000円<36万円>
(21万3,750円<27万円>)
③無期→正規 28万5,000円<36万円>
(21万3,750円<27万円>)
  • ※<>は生産性の向上が認められる場合の額、( )は大企業の額
  • ※正規には「多様な正社員(勤務地・職務限定正社員、短時間正社員)」を含みます。
  • ※派遣労働者を派遣先で正規雇用として直接雇用する場合、①③:1人当たり28万5,000円<36万円>(大企業も同額)加算
  • ※母子家庭の母等又は父子家庭の父の場合、若者認定事業所における35歳未満の対象労働者を転換等した場合、 ①:1人当たり95,000円<12万円>(大企業も同額)、②③:47,500円<60,000円>(大企業も同額)加算
  • ※勤務地・職務限定正社員制度を新たに規定した場合、 ①③:1事業所当たり95,000円<12万円>(71,250円<90,000円>)加算
詳しくは下記をご覧ください

CONTACT

弊社事業内容・業務の詳細等について、
ご不明な点がありましたら、
下記からお問い合わせ下さい。

このサイトを広める