採用情報

弊社代表からのメッセージ

 一般的に社労士は「先生」と呼ばれます。「先生」と呼ばれるなんて、颯爽として、てきぱきと依頼事項をこなしていく専門家だと思われるでしょう。しかし「人」に関わる仕事は、地道で地味なもの。緊張感や泥臭さ、それに周囲に対する気遣いが必要です。

 たとえば、企業の従業員の給与計算代行。ひとりひとりの労働時間を規定どおりに算出して給与明細を作成し、期日までに確実に振込む。簡単そうに思えますが、スピーディーさと正確さが求められます。従業員1000人を超えるお客様ともなると、根気もいる仕事です。
 あるいは、年金の相談を受けたりもします。いつからどれくらい支給されるのか。定年を過ぎて働いた場合はどうなるのか。現行の法に基づき、正しい情報を提供しなければなりません。
 私たちの仕事は多岐に渡り、それぞれが奥の深いものです。この仕事を修得するためには、絶え間ない勉強が必要です。また、長い年月も必要です。

 「ありがとう」。お客様からこの言葉をいただくことこそが、私たちの最大の喜びです。常にお客様の悩みや不安、疑問を聴きだす姿勢、そして、その解決のためにどれだけ一生懸命になれるかが大切です。お客様がより良い労働環境を作るお手伝いをすることが、私たちに与えられた使命です。
 お客様の課題を解決することは、決して簡単なことではありません。むしろ大変で苦しいことです。しかし、それ以上にやりがいがあり、深い達成感を得られることが出来ます。私たちの仕事は、「人」が好き、「人が喜ぶこと」が好きな人にはぴったりの仕事です。

 私が独立開業して今年で29年になります。それまでは、11年間、広島大手の社会保険労務士事務所にお世話になっていました。この世界に入って40年、私は「社労士」ではなく「企業家」でありたいと思っています。私たちの目標は、名実ともに日本でNo.1の、人事労務分野の専門家集団になること。
 そのためには、創造力があり、行動力のある人材を求めています。また、私たちの仲間になっていただく方には、正確に事実を把握し、論理的に分析し、緻密に作業を進めていく能力、さらに将来の幹部スタッフとしてリーダーシップも備えていて欲しいものです。今、流行りの草食系よりも肉食系の人がほしいですね(笑)。

 人事分野での経験がある方には、経験に応じてコンサルタントとして活動していただくことなども可能です。ご自身の新たなステージを創ってみてはいかがでしょうか。もちろん、経験の浅い方には、私たちが十分にバックアップします。より高度な専門的な能力は、勉強を重ね、経験を積むことによって、おのずと身についてきます。

 私たちと一緒に人事・労務の専門家を目指しませんか。

社会保険労務士法人 サトー
代表社員・社会保険労務士 佐藤 克則

⇒「サトーの求める人材」にすすむ

TO TOP