ジョブ・カード交付サービス

ジョブ・カード制度とは?

正社員の経験が少ない求職者などが、登録キャリア・コンサルタントの支援を受けて職務経験や教育訓練歴、資格取得などの情報をまとめて「ジョブ・カード」に記載することにより、自らの職業能力を客観的かつ具体的に提示し、求人企業とのマッチングを促進するものです。
ジョブ・カード制度では、正社員の経験が少ない求職者などに対して、企業での実習(OJT)と教育訓練機関等での座学(OFF-JT)を組み合わせた有期実習型などの職業訓練(職業 能力形成プログラム)を提供します。 求職者は、企業や教育訓練機関等で実務経験を積むことによって職業能力を修得し、企業による評価を得て就職活動に活用できます。

詳しくはこちら⇒厚生労働省 「ジョブ・カード制度とは」

ジョブ・カードとは?

求職者の職業能力を証明する4種類のシート(①履歴シート、②職務経歴シート、③キャリアシート、④評価シート)です。
求職者は、これを作成してキャリア・コンサルティングを受けることで、自分の職業能力・職業意識やキャリア形成上の課題が明確となり、就職活動やその後の安定雇用に役立てることができます。
企業にとっては、履歴書などにはない求職者に関する詳細な情報が記載されているので、短時間の採用面接では分からない求職者の職業能力やレベルなどを客観的に評価できるメリットがあります。
ジョブ・カードの交付には、ハローワーク、ジョブ・カードセンター、民間職業紹介機関等で登録キャリア・コンサルタントのキャリア・コンサルティングを受ける必要があります 。

ジョブ・カードが必要な助成金

キャリアアップ助成金の人材育成コースなどは、申請のために従業員のジョブ・カードが必要です。
当社東京事務所では、登録キャリア・コンサルタント(2級キャリアコンサルタント技能士資格保持者)によるジョブカード交付が可能ですので、助成金申請までワンストップで行えます
ご希望のお客様は、03-5829-8982までお問い合わせください。

TO TOP