経営に役立ち、マーケットが広がる新年会(2015/1/29)-終了

カテゴリー:

今年の干支は乙未(きのとひつじ)。九星は三碧木星(さんぺきもくせい)です。
乙は小さな木を意味します。曲がった感じから、紆余曲折を示しています。また未は未来の未、そして「未だ」という意味を持っています。
三碧木星は雷、地震、進むなどの意味があります。先が見えない年と推測できます。進む方向をあやまらないことが成功のポイントといえましょう。
今回は、諸葛孔明が用いて百戦百勝とまで言われた方位術「奇門遁甲(きもんとんこう)」についてビジネスに活用する方法をお話しします。2015 年の方位暦をプレゼント。

イベント内容 第1部:基調講演「干支で読み取る経営の舵取り」
     講師 株式会社 成研 代表取締役 吉村徳則氏
第2部:新春懇親・放談会
     新年の挨拶を兼ねて、参加された皆様に今年の抱負・会社の
     未来・企業PRなどについて語っていただきます。
*詳しい内容はこちらからご覧いただけます。
日時 平成27年1月29日(木) 18:30~20:30
場所 ホテル メルパルク広島(広島市中区基町6-36)

会費 企業成長戦略支援センター会員 5,500円、一般 6,000円
主催 一般社団法人企業成長戦略支援センター 中国・四国ブロック
(旧ヒント経営者倶楽部を全国的に発展させた組織です)